園児の1日

園児の1日

園児の1日 保護者と手をつないで元気に登園。園長先生と門の前で挨拶し、握手をします。 園児の1日朝の支度が終わった子どもたちは、園庭や保育室で好きな遊びを見つけて遊びます。保育室では粘土やお絵かき、折り紙や製作活動、またごっこ遊びなどイメージ豊かな遊びが繰り広げられています。園庭では砂遊びや水遊び、フラフープや縄跳び、サッカー、鬼ごっこなど体を元気に動かして遊ぶ姿が見られます。月曜日は色グループごとに順番に年長は30分間、年中は20分分間リトミックを行います。

園児の1日思いきり遊んだあとはみんなで使ったものを片づけて、各クラスに戻り、静かに礼拝を捧げます。礼拝のあとクラスサークルの時間です。歌を歌ったり、ゲームなどをして楽しく過ごします。また、年中、長は色グループ(学年別)に分かれて、製作活動をする日もあります。

園児の1日園児の1日お友だちと一緒に、楽しくお弁当をいただきます。年中・長は当番活動を交代で行い、机を拭き、麦茶を配り、そして、食前の祈りを捧げてからいただきます。冬は保温機でお弁当を温めます。

園児の1日園児の1日お弁当の時間のあとはみんな園庭でひと遊び。そして、一日の終わりの片付けもみんなで行います。

園児の1日 

園児の1日降園前の15分は色グループ(学年別)に分かれてリトミックをします。短かい時間でも毎日続けることが大切です。毎日続けることできちんと立つこと、体をしっかり動かすこと、手や足の先まで神経を行き届かせることが身に付き、しなやかな体やリズム感が培われていきます。月曜日は午前中にリトミックを行っているので、色グループ(各学年)で、運動遊びやゲームをしています。

園児の1日帰る身支度ができたら、子どもたちが楽しみにしている読み聞かせの時間です。各クラスの担任が絵本や紙芝居を読み聞かせます。子どもたちは静かに物語の世界に引き込まれていきます。翌日の予定などを伝え「また明日も幼稚園に来たい!」という思いを持ちながら、帰りの時間を迎えます。

園児の1日